聖霊って。

宇宙に何でも望みましょう、とスピの世界では言われるけれど、
結構これってドキドキ。

望んでもし叶わなかったら
私はきっと人生に絶望してしまうのではなかろうか。

それが怖くて毎回ドキドキします。

宇宙が望みを叶えてくれない
自分でもどうにもできないシチュエーションというのがあったら
もう人生やってらんないじゃん。
そんな地獄みたいな人生、生きてらんないよ。

・・・とか思ったりするのだけれど、
振り返ってみるとそこそこ叶ってるのかも。
今日願って明日実現、というわけでもないのだけれど
忘れていたことが実現する、というのは何回かあり。

10年前に願ったことが叶ったときは
「い、今なの!?」とさすがにびっくりしたけれど。

でも見えないことを信じるのって難しいなぁと思う。
だって見えないんだもん。
天使とか聖霊がリアルにじゃじゃ~んと現れて
会話できればいいのに、それができなくてやたら不自由なのって
意味わかんないと思うこともある。

でも街中を聖霊が歩いてるのはそれはそれで怖いかも・・・。

まあでも考えてみると死ぬと肉体は消えるわけだし
その消えた後の世界からやってきてくれているわけだから
肉体がないのも当たり前と言えば当たり前。

ただ、面白いことに自分が素直になっているときって
周りの人すべてが聖霊になってくれる。

「うーん、今日はみんなが聖霊だった・・・」
なんて思う驚愕の一日があったりする。

そういう日は実家の母も
場外ホームラン的なすんごいのを放ってくれて
すごいわ後光がさしてるわ、とか思ったりするし。

で、そういう経験をすると
「この人はいい人で、この人はよろしくない人」
というのはないのだなぁと思う。

みんな実は聖霊で、聖なる存在なんだなぁって。

で、この聖なる存在の人っていうのは
ホントに近所にいる。
あの場所に行かないと会えないっていうのがなくて
「あら、ここにも、こちらにも」っていう具合。

要は自分がそれを見つけ出せるかどうかなのかな、という気がする。
相手の中にある聖なる光というか神聖な部分。
つまんないなーと思うような人からその光を見いだせた時
きっと世界は大きく変わるんだろうな。

なんてことを思い描いている昼下がりなのでした。




スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する